便秘解消の強い味方はりんごだった!りんごで便秘を改善しよう

りんごは便秘解消に高い効果を発揮してくれます。手軽に食べられておいしいのでぜひ積極的に摂り入れたいですね。こちらでは便秘解消におけるりんごの活用について解説しています。

04 11月

りんごをいろいろな調理法でたっぷり摂ろう

Posted in on 04.11.16

りんごをたくさん食べるコツは「飽きないこと」

りんごダイエットまではいかなくても、りんごをたくさん食べることで便秘が解消するのであれば、できるだけ日頃からたくさんりんごを食べたいですよね。りんごはカロリーも低いのでたくさん食べても罪悪感がないのも魅力。とはいえ、生のりんごは結構すぐに飽きてしまいます。もともと味にすごくパンチのある食材ではないので、1日に2つもりんごを食べれば、次の日は食べたくないと感じてしまうかもしれません。りんごをたくさん食べて便秘を解消するには、やはりいろいろな調理法で飽きずに食べ続けられることが重要になります。幸いりんごはいろいろな調理方法で食べることができるので、りんごレシピをたくさん開拓して楽しみながら便秘を改善していきましょう。

リンゴジュースからりんごのおかずまで調理法はさまざま

便秘解消を目的とするなら、できるだけ生で食べて、りんごの酵素をしっかり摂取することが大切です。リンゴジュースなら水分も補給できる上に朝でも手軽に摂り入れられるので、朝一番はリンゴジュースにしていただきましょう。作り方は簡単で、りんごをミキサーで撹拌するだけ。りんごだけを撹拌して飲んでもよいですし、ココナツジュースなどを加えればさらに飲みやすくなります。すりおろしたりんごは消化もよいので朝食にぴったりです。その後は、ランチで生のりんごを食べてもよいですし、生食に飽きたらりんごのおやつを作ってみてもよいでしょう。りんごを4つにカットし、さらに薄くスライスします。耐熱容器にスライスしたりんごをしいて、はちみつやシナモンをかけてオーブンで焼けば、りんごのお手軽スイーツの出来上がりです。よりヘルシーにいただくなら、はちみつをメープルシロップに変えるのもおすすめ。変わり種レシピとしては、同じように4つにカットしてスライスしたりんごを、バターとベーコンで炒めたもの。りんごの甘味とバターの風味、ベーコンの塩気が絶妙にマッチしてとてもおいしいので、ぜひお試しあれ。

一緒に読みたいページ:きっかけはリンゴダイエット?りんごの驚くべき便秘解消効果とは

りんごをいろいろな調理法でたっぷり摂ろう はコメントを受け付けていません。